私の問題は一般的な問題のようで、サーバー障害に関するいくつかの回答を読みましたが、問題を理解できないようです。

私のクライアントの1つは、10.1.10.1の内部IPアドレスでpfSense2.1.4を実行しています。ローカルネットワークは10.1.10.0/24です。DHCPサーバーは、10.1.10.2のSynologyNASデバイスです。すべてのファイル共有\\nnhは、NAS(10.1.10.2)にアクセスすることにより、Windowsクライアントマシンのローカルネットワークでアクセスできます

OpenVPNはpfSenseで実行されており、リモートクライアントは正常に接続できます。ただし、接続後は、でNASにアクセスできます\\10.1.10.2。クライアントは\\nnh、またはの短いDNS名(またはFQDN)を使用して接続することはできません\\nnh.local

OpenVPNはUDPプロトコルでTUNモードで実行されています(ただし、実際に接続した後でも違いはありませんよね?)nnh.local。の「クライアントにデフォルトのドメイン名」を提供するように構成されていますさらに、クライアントにDNSサーバーを1つだけ提供するように構成されています10.1.10.2

最後に、適切な方法として、pfSenseのOpenVPNサーバーの詳細構成に次のコード行があります。

push "dhcp-option DNS 10.1.10.2"

DNSサーバーがクライアントに適切に割り当てられていることは明らかです。以下はipconfig /all、VPNに接続したときのWindows7クライアントでの出力ですしかし、\\nnh\\10.1.10.2のファイル共有/ NASのDNS名前解決はまだ機能しておらず、理解できません。

私が確認しましたOpenVPNのとDNSを。方法?そして、ローカルドメインのDNS解決はpfSenseボックス上のOpenVPNを使用して動作していません

C:\Users\David>ipconfig /all

Windows IP Configuration

   Host Name . . . . . . . . . . . . : Develop-CENTS
   Primary Dns Suffix  . . . . . . . :
   Node Type . . . . . . . . . . . . : Hybrid
   IP Routing Enabled. . . . . . . . : No
   WINS Proxy Enabled. . . . . . . . : No
   DNS Suffix Search List. . . . . . : nnh.local

Ethernet adapter Local Area Connection 3:

   Connection-specific DNS Suffix  . : nnh.local
   Description . . . . . . . . . . . : TAP-Windows Adapter V9
   Physical Address. . . . . . . . . : 00-FF-94-49-12-A7
   DHCP Enabled. . . . . . . . . . . : Yes
   Autoconfiguration Enabled . . . . : Yes
   Link-local IPv6 Address . . . . . : fe80::ed68:d270:ca2:3076%28(Preferred)
   IPv4 Address. . . . . . . . . . . : 10.1.5.6(Preferred)
   Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.252
   Lease Obtained. . . . . . . . . . : Wednesday, July 02, 2014 9:42:41 AM
   Lease Expires . . . . . . . . . . : Thursday, July 02, 2015 9:42:41 AM
   Default Gateway . . . . . . . . . :
   DHCP Server . . . . . . . . . . . : 10.1.5.5
   DHCPv6 IAID . . . . . . . . . . . : 285278100
   DHCPv6 Client DUID. . . . . . . . : 00-01-00-01-14-36-D0-79-48-5D-60-3B-CF-5B

   DNS Servers . . . . . . . . . . . : 10.1.10.2
                                       10.1.10.2
   NetBIOS over Tcpip. . . . . . . . : Enabled

Wireless LAN adapter Wireless Network Connection 2:

   Media State . . . . . . . . . . . : Media disconnected
   Connection-specific DNS Suffix  . :
   Description . . . . . . . . . . . : Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter
   Physical Address. . . . . . . . . : 6A-5D-60-3B-CF-5B
   DHCP Enabled. . . . . . . . . . . : Yes
   Autoconfiguration Enabled . . . . : Yes

Ethernet adapter Local Area Connection:

   Media State . . . . . . . . . . . : Media disconnected
   Connection-specific DNS Suffix  . :
   Description . . . . . . . . . . . : JMicron PCI Express Gigabit Ethernet Adapter
   Physical Address. . . . . . . . . : 20-CF-30-6A-59-DF
   DHCP Enabled. . . . . . . . . . . : Yes
   Autoconfiguration Enabled . . . . : Yes

Wireless LAN adapter Wireless Network Connection:

   Connection-specific DNS Suffix  . :
   Description . . . . . . . . . . . : Atheros AR9285 Wireless Network Adapter
   Physical Address. . . . . . . . . : 48-5D-60-3B-CF-5B
   DHCP Enabled. . . . . . . . . . . : Yes
   Autoconfiguration Enabled . . . . : Yes
   IPv6 Address. . . . . . . . . . . : 2600:1004:b11f:24e:7599:d89b:b76c:2471(Preferred)
   Temporary IPv6 Address. . . . . . : 2600:1004:b11f:24e:5050:5e70:6fb:f2cd(Preferred)
   Link-local IPv6 Address . . . . . : fe80::7599:d89b:b76c:2471%10(Preferred)
   IPv4 Address. . . . . . . . . . . : 192.168.43.132(Preferred)
   Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0
   Lease Obtained. . . . . . . . . . : Wednesday, July 02, 2014 9:42:22 AM
   Lease Expires . . . . . . . . . . : Wednesday, July 02, 2014 10:42:22 AM
   Default Gateway . . . . . . . . . : fe80::9218:7cff:fe48:faa2%10
                                       192.168.43.1
   DHCP Server . . . . . . . . . . . : 192.168.43.1
   DNS Servers . . . . . . . . . . . : 192.168.43.1
   NetBIOS over Tcpip. . . . . . . . : Enabled

助言がありますか?

answer

質問に完全かつ正式に答えるだけです。

DNSサーバーとして機能できるデバイスでFQDN / DNSを使用する場合は、静的レコードを作成する必要があります。

Microsoftのサービスをすべて一緒に使用してActiveDirectory、DHCP、およびDNSを一緒にセットアップする場合、通常、エントリは独自に作成されます。

DNSの問題をデバッグする最良の方法は、DNSサービスをチェックし、エントリが存在することを確認することです。

上記を見ると、ドメインサフィックスの検索リストはあるべきであり.local、そうではないと思いますnnh.localこれがおそらく、のエントリを作成しなければならなかった理由です。これはnnh.nnh.local、クライアントがnnh.local相対ホストに追加してnnh、を与えるためnnh.nnh.localです。

接続先のマシンで次のコマンドを使用して、これを確認できるはずです。

nslookup -d nnh

次に、QUESTIONS:を見て、ホストを解決しようとしている方法を確認します。

もちろん、あなたは本当にドメインになりたいかもしれませんnnh.localその場合、追加のDNSエントリを作成することは正しいことですが、それを作成する必要がある理由を説明するのに役立つかもしれないと思いました。